GOOD DESIGN AWARD 2013

オーガビッツのこと

オーガニックコットンを通して、みんなで”ちょっと(bits)”ずつ地球環境に貢献しようという想いから始まった「オーガビッツ(Orgabits)」は、2020年で15周年を迎えます。

私たちが変わらず取り組んでいる”ちょっと”は、オーガニックコットンの普及により有機農地を拡げ、環境汚染を改善していくこと。世界中の綿花のわずか1%しかないオーガニックコットンの割合を10%にしようというのが私たちの目標です。

オーガビッツは、日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクトに成長しました。オーガニックコットン100%にこだわらず10%の商品を100倍の人に届けるという「逆転の発想」で、現在約100ブランドが参加し、累計720万枚(2019年6月末時点)のアイテムを生産しています。

“Orgabits”, an organic cotton distribution project which started with the goal of contributing bit by bit to the improvement of the global environment through the use of organic cotton, will celebrate its 15th anniversary in 2020.

We are working towards the expansion of organic farmland and reducing pollution by spreading the use of organic cotton. Our ultimate goal is to increase the percentage of organic cotton production from less than 1% of the world’s cotton production to 10%.

Orgabits has grown considerably, and is participated in by the most apparel brands in Japan. By changing our perspective, we created the idea of delivering products with 10% organic cotton to 100 times more people rather than limiting our products to be 100% organic cotton. As of July 2019, about 100 approved brands have participated in our project and we have produced a total of 7,200,000 units.

まずは…コットンについて考えてみた。

What’s Cotton? - まずはコットンについて考えてみた。

私たちにとって最も身近な素材のひとつ、コットン。 使い勝手がよく、心地よい肌触りのコットンは、私たちの暮らしに欠かせないものです。コットンの原材料である綿花は、インド・中国・アメリカなど広大な土地を持つ国を中心に、世界各地で生産されています。綿花を効率よく栽培するために、綿畑には大量の除草剤や殺虫剤、化学肥料が使用され、収穫の際には落葉剤を散布して機械で素早く刈り取る、という方法が一般的です。しかし、そうした栽培方法は、土壌の汚染や農場で働く人びとの健康被害、薬品を購入するための農家の負担など、深刻な問題を引き起こしているのです。 綿花栽培に使用される農地は、全体の3%程度ですが、世界中で使用されている農薬の5.7%*が綿花栽培に使用されていると言われています。

*出典:A review of pesticide use in global cotton production Revised June 2018(PESTICIDE ACTION NETWORK UK)

Cotton is one of our most familiar materials.Versatile, soft, and comfortable, cotton is an essential part of our lives.Raw cotton is produced around the world, primarily in countries with plenty of land such as India, China, and the United States. In order to grow raw cotton efficiently, it’s common to use large amounts of herbicides, pesticides, and chemical fertilizers in cotton plantations. More so, defoliants are sprayed on cotton crops, which are then cut quickly with machines during the harvesting process. Unfortunately, these cultivation methods cause serious issues such as soil pollution, unhealthy working conditions for plantation workers, and financial burdens on farmers to purchase agricultural chemicals. Although cotton plantations account for only about 3% of the world’s arable land, it’s said that 5.7% of pesticides are used for growing cotton globally.

Organic cotton is grown in a field that hasn’t used any pesticides or chemicals that affect the environment or organisms for over two to three years. Growing organic cotton is a struggle between farmers and nature. Planting insect-repelling herbs and removing weeds and pests by hand are some of the meticulous techniques organic farmers must use. Organic cotton also requires hard work and patience to cultivate within natural growth cycles.There is little difference between organic cotton and cotton grown using pesticides, as the pesticides hardly remain in the cotton itself. However, using organic cotton provides better working conditions for farmers, and protects the environment. Choosing organic cotton is the first step towards a sustainable society.

What’s Organic Cotton? - オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、環境や生物に影響をおよぼす農薬や化学物質を2~3年以上まったく使用しない農地で、有機栽培されたコットンのことです。有機栽培は、自然との格闘です。ハーブを植えて虫がつくのを防いだり、手作業で雑草や害虫を処理したりと、辛抱づよく、手間ひまをかけ、自然の循環に沿った栽培をしていくのです。そうして育てられたオーガニックコットンの綿花と、農薬を使用して栽培された綿花には、実は違いはありません。綿花自体には、農薬はほとんど残らないからです。しかし、コットンの生産に携わる人びとの暮らしや、綿花を育てる大地などの環境を守ることになるのです。オーガニックコットンを選択するのは、持続可能な社会への第1歩だと思いませんか?

オーガビッツの考え方

What’s orgabits? - オーガビッツの考え方。

オーガニックコットン、10%を100人に。

「オーガビッツ(orgabits)」という名前には、「オーガニックコットンを通して、みんなでちょっと(bits)ずつ地球環境に貢献しよう」という思いが込められています。地球にも人にもやさしい農法で生産されるオーガニックコットンですが、世界中の綿花の生産量の、わずか1%にも満たないのが現状です。通常の栽培方法よりも大変な手間をかける分、比較的高価になるためです。

綿屋を祖業として創業以来、170年以上綿花に携わってきた豊島株式会社では、この現状を「ちょっと」でも変えることはできないかと、2005年に「オーガビッツ」プロジェクトを始めました。

「オーガビッツ」の目標は、コットン全体の1%に満たないオーガニックコットンの割合を、10%にしようということ。そのためには、オーガニックコットンをもっと手軽に、たくさんのひとに届けることが大切だと考えます。「オーガビッツ」の製品は、100%オーガニックコットンであることにはこだわらず、ファッション性にも妥協しません。オーガニックコットンの混率を10%から設定することができ、ウールなど他の素材と組み合わせることができます。100%オーガニックコットンのものを1人に使ってもらうよりも、オーガニックコットンを10%使用したものを100人に使ってもらうことで「地球のために、ちょっと良いこと」の輪が広がります。

The name “Orgabits” was conceived with the goal of contributing bit by bit to the improvement of the global environment through the use of organic cotton. Although organic cotton is produced by farming methods that are beneficial to both the earth and people, it currently accounts for less than 1% of global cotton production. This is because organic cotton is relatively expensive, requiring more labor than normal cultivation methods.

TOYOSHIMA & Co., Ltd., which has been engaged in cotton production for more than 170 years since its foundation as a cotton business, started the Orgabits project in 2005 to address these issues little by little.

The ultimate goal of Orgabits is to increase the percentage of organic cotton production from less than 1% of the world’s cotton production to 10%. In order to achieve this goal, we think it’s important to make organic cotton more accessible, and to distribute it to more people. We don't limit our products to being 100% organic cotton or compromise on fashion. We combine a minimum of 10% organic cotton with other materials such as wool. If 100 people use 10% organic cotton products, the circle of environmentally conscious individuals will expand more than if just one person uses a 100% organic product. With this mindset, we can do good things for our planet little by little, bit by bit.

Orgabits products can be identified with our original tag. One yen per tag is donated to NGO ChetnaOrganic in India, an organization dedicated to spreading the use of organic cotton and supporting organic cotton farmers in India.

We also support other environmentally friendly and socially enriching organizations such as the Clinicrowns Project which brings smiles to children in hospitals, and the Sakura Namiki Project which plants cherry blossom trees in the Tohoku region which was devastated by earthquakes. Orgabits tags are attached to products that support these organizations, which receive donations from the proceeds.

Today there are over 100 approved brands, and orgabits cotton products have reached up to 300,000 units per year.

Orgabits is the answer. - だからオービッツ。

オーガビッツ商品1枚につき1円の寄付。

オーガビッツを使用した商品には、オリジナルのタグがついています。このタグ1枚につき1円が、インドのNGO ChetnaOrganicに寄付され、インドのオーガニックコットン農家支援など、オーガニックコットン普及のために役立てられます。

また、オーガニックコットンの普及以外にも、入院中の子どもたちに笑顔を届けるクリニクラウンプロジェクト、震災被害にあった東北地方で桜並木をつくるさくら並木プロジェクトなど、環境によいこと・社会によいことのために活動する団体を支援しています。これらの活動に共感していただけるブランドの製品にタグをつけ、プロジェクト毎に主宰者に寄付しています。

賛同ブランドは現在100を超え、オーガビッツのコットン製品は、年間30万枚にのぼります。

お問い合わせ

「オーガビッツ」に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、ご質問は、以下の電話もしくはメールアドレスまでご連絡ください。

豊島株式会社営業企画室
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町2-1
03-4334-6042 (受付時間:9:30~18:00)
orgabits@toyoshima.co.jp

© TOYOSHIMA & Co., Ltd. All Rights Reserved.