2020.10.29
その他
自分の手で野菜を作る「キッチンガーデン」~ step1土づくり~

社会起業家ジョン・ムーアさんの“笑顔になれる暮らしのヒント”をご紹介します。
オーガニックな暮らしをはじめたいなら、まず自分で本物の食べ物をつくることから。今回から2回にわたって、畑がなくてもA4サイズのスペースさえあればできる「キッチンガーデン」の作り方をご紹介します。

目次
1. この記事の監修:ジョン・ムーアさん
2. 身近にある容器で気軽にはじめてみよう
2-1.土の作り方
2-2.オーガニック豆知識
2-3.ジョンさんからの一言

1.記事の監修:ジョン・ムーアさん

社会起業家、オーガビッツアンバサダー。英国公認教師、オーガニックフード・ガーデニング教師。英国シェフィールド大学卒業後、教師を経て、電通に入社。その後、パタゴニア日本支社長などを歴任。現在は一般社団法人シーズ オブ ライフ代表理事として活動中。

2. 身近にある容器で気軽にはじめてみよう

さて、今回は本当のオーガニックライフへの大きな一歩となる、自分自身の手で食べ物をつくるプランター「キッチンガーデン」の作り方をお教えしましょう。料理と同じ、良い材料さえ揃えばとても簡単です。

まずは、準備から。プランターはなんでも構いません。プランターの底は穴がなくても大丈夫。ペットボトルやタッパーなど、いらなくなった容器を利用しましょう。

次は、プランターを置くのに一番良い場所を選びましょう。あなたはどこを選びましたか? 自分に都合の良い場所を選んではいませんか? ここで大切なのは、植物の気持ちになることです。植物たちは、一度根をおろすと、そこから動くことはできません。日当たりの良い場所に行ったり、強い風を避けたり、水を飲みに行ったりはできないのです。植物になったつもりで、ここなら住みたいと思える場所を考えてみましょう。よく、プランターをあちこちに移動させる人がいますが、置く場所を決めたら動かさないようにしましょう。植物たちにとって、環境の変化はとてもストレスになります。

さあ、場所を決めたら早速キッチンガーデンのベースとなる土をつくりましょう。

2-1. 土の作り方

〈はじめるタイミング〉
満月の前後

〈用意するもの〉
・プランター
・霧吹き
・はさみ
・石
・土
・ソイルシードミックス(緑肥)〈クローバー、アルファルファ、そば〉
・落ち葉

2-2. オーガニック豆知識

2-3.ジョンさんからの一言

取材・文/坂田奈菜子
(からだにいいこと2017年6月号より)

記事一覧へ
記事一覧へ戻る
お問い合わせ
「オーガビッツ」に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、ご質問は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
豊島株式会社営業企画室
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町2-1
orgabits@toyoshima.co.jp
© TOYOSHIMA & Co., Ltd. All Rights Reserved.