orgabits

orgabits

Home > オーガニックニュース > PRESS > オーガビッツ × SELF+SERVICE コラボレーション商品 新発売

オーガニックニュース

オーガニックニュース

main0116

オーガビッツ × SELF+SERVICE コラボレーション商品 新発売

クリニクラウンプロジェクト

“オーガビッツ”は、クリニクラウンを支援するプロジェクトを推進しています。
『オーガビッツ×クリニクラウンプロジェクト』は、2011年8月から始まったプロジェクトで、商品に下げ札(右)をつけ、商品一枚につき10円を日本クリニクラウン協会に寄付するプロジェクトです。
http://orgabits.com/project/clinicrowns/
今回、イオンリテール株式会社(代表取締役社長:梅本和典、千葉県千葉市)が展開する人気衣料品ブランド「SELF+SERVICE(セルフ+サービス)」が『オーガビッツ×クリニクラウンプロジェクト』に参加いたします。
今回のコラボレーション商品は、2015年1月16日(金)から、全国の「SELF+SERVICE(セルフ+サービス)」各店舗で順次発売いたします。

オーガビッツチュニック(ブルー)オーガビッツチュニック(ストライプ)

左:オーガビッツチュニック(ブルー)
右:オーガビッツチュニック(ストライプ)

商品概要

商品名 カラー サイズ 価格(税込) 発売日
接結リバーシブル
ハイネック長袖
ネイビーボーダー/
モカボーダー/ネイビーチェック/イエローチェック
M/L 3,110円 1月16日(金)
オーガビッツチュニック ホワイト/ブルー/ストライプ M/L 4,980円 1月16日(金)



クリニクラウン

「特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会」

日本クリニクラウン協会は闘病生活を送る子供の権利を尊重し、入院している子どもの元へクリニクラウンの温かい笑顔と心のこもったふれあいを届けることを目的として2005年に設立しました。病棟スタッフと協働し、子どもの療養環境の向上を目指し活動をしています。2013年度の訪問実績は、全国の病院へ260回訪問し、関わった子どもは延べ7,603人になります。
クリニクラウンは、入院生活を送る子どもたちが、子ども本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境を創り出すために全国各地の小児病棟を定期的に訪問しています。
日本クリニクラウン協会ホームページ
http://www.cliniclowns.jp/index.html

『オーガビッツ×クリニクラウンプロジェクト』

その①:プロジェクトの対象となるオーガニックコットン製品には、10円/枚の基金付の下げ札をつけて店頭で販売して頂きます。基金は一旦豊島株式会社のオーガビッツ口座にプールして、毎年8月7日のクリニクラウン・レッドノーズデイに日本クリニクラウン協会に寄附します。基金の金額はオーガビッツのHPで公開致します。
その②:8月7日のレッドノーズデー(RED NOSE DAY)には、正午12時から1分間、みんなでレッドノーズを付けます。レッドノーズデーは、日本の未来を明るくしていくために、1人ひとりがユーモアをもって、今できるアクションを展開する、2009年8月7日に初めて日本で開催されたイベントです。『オーガビッツ×クリニクラウンプロジェクト』では、このレッドノーズデーに賛同し、毎年8月に寄付を行っています。
2012年8月7日に337,900円、2013年8月29日に831,550円、2014年8月29日には556,560円を日本クリニクラウン協会へ寄付しました。
SELF+SERVICE(セルフ+サービス)

「SELF+SERVICE(セルフ+サービス)」

「地球環境に配慮したエシカルなショップ」をコンセプトにした衣料品ブランドです。オーガニックコットン、テンセルなど環境に配慮した素材を使った雑貨服を中心に、エシカルな商品(=人や環境に優しく、着やすく、扱いが楽な商品)やライフスタイルをご提案しています。また、ご購入でリサイクルやカーボンオフセットの取り組みにもお客さまが簡単に参加できる仕組みを運営しており、2014年12月現在約240店舗で展開しています。