orgabits

orgabits

Home > オーガニックニュース > INFORMATION > 「rooms31」で発表 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルのファッションプロジェクト新たなステージへ

オーガニックニュース

オーガニックニュース

9623792861_d6349e987a_k

「rooms31」で発表 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルのファッションプロジェクト新たなステージへ

新たな一歩へ向けて「rooms31」へ

2015年7月、「ヒューゴ・ボス」は全ての毛皮商品を、2016年秋冬までに撤廃することを発表。また、女優で歌手のジェーン・バーキンさんが、ワニ革のバッグ「バーキン・クロコ」から自身の名前を外すよう「エルメス」に求めたことも、同月話題になりました。

すでにステラ・マッカートニーや、ヴィヴィアン・ウェストウッド、ラルフ・ローレンにはじまり、ハイストリートブランドの「H&M」や「J Crew」なども、毛皮を使わないことを発表しています。

ファッション界に少しずつ広まりつつある「動物との共生」。では日本は?

オーガビッツとともに共同プロジェクトを開始した滝川クリステルさんと一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル(以下、クリステル・ヴィ・アンサンブル財団)が、9月9日から開催される展示会「rooms31」で、新ブランドの構想を発表します。
 

――クリステル・ヴィ・アンサンブル財団とは?

滝川クリステルさんが「共に生きる」という思いのもと2014年に立ち上げた財団。人だけじゃなく、地球にいっしょに住むいろんな生きものたちとの共生・共存を目指します。

財団の活動の柱は2つ。
1つ目は、2020年までに、犬猫の殺処分ゼロ、放棄ゼロ、虐待行為ゼロを目指す「projectZERO」。2つ目は、野生動物を救い、生態系を守ることをミッションにする「projectRED」です。

ペットブームの影で、繁殖業者など動物取扱業者による動物たちの大量遺棄事件や飼い主の飼育放棄、マナーを巡るトラブルなど、日本は動物の保護・福祉に関しては他の先進国に比べてはるかに遅れていると言わざるを得ません。

また、生きものが乱獲などのためにいなくなってしまうと、生態系のバランスが崩れてしまいます。例えば日本ではオオカミが絶滅したことで、オオカミに食べられていたシカが増え、シカによる農作物への被害などが発生します。

相手が人間であれ、動物であれ、“無視する”ことほど、命あるものにとって酷な向き合い方はありません。

クリステルさんは、声なき声に耳を傾け、地球の上で人と動物が「共に生きる」社会を目指しています。
 

――ファッションと動物の関係って?

いまも毎年、秋冬コレクションのランウェイを彩るファー、バッグや靴に使われるレザー、ダウンジャケットに使用される羽毛……その裏に、失われ傷つけられたたくさんの命があります。

美しい毛並みから、かつてコートやマフラーなどの毛皮目的にさかんに行われた乱獲。そのために、トラやアライグマの一種などは絶滅。ジャガーやチータなどの斑点模様を持つ動物たちも、一時絶滅の危機にありました。

それだけでなく、生態系に影響も与えています。中国やモンゴルでは、カシミヤの取引量を増やすためにヤギの飼育を増やした結果、ヤギを天敵とするヒョウの一種が絶滅しかける事態に発展しているとも(*)。

養殖の現場から聞こえてくるずさんな飼育や、衣類だけでなく、コスメには動物実験。美しさのために、「共に生きる」ものたちを犠牲にしてきた歴史があります。
 

――いろんな素材を使って、ファッション業界に新しい光を

これまで、ファッションという切り口からこの問題に向き合ってきたクリステル・ヴィ・アンサンブル財団とオーガビッツ。オーガビッツのオーガニックコットンを使って、ファッションブランドとダブル・ネームの商品を開発してきました。

これから、よりエシカルなブランドとして発展させていくためプロジェクトを拡大。オーガニックコットンだけでなく、フェイクファーやフェイクレザーを含む幅広いエコ素材を使って、ブランドを作っていきます。

【ファッションブランド クリステル・ヴィ・アンサンブルへの参加条件】

①オーガニックコットン、再生ポリエステル、フェイクファーなど、環境に配慮した素材を使用すること。
②財団の活動(projectREDとprojectZERO)を理解し、クリステル・ヴィ・アンサンブル財団へ1枚につき100円の寄付金付き下げ札を製品に付けること。
③ファッション業界の光と闇の部分にも目を向けて、一歩を踏み出すこと。
④製品の基本カラーを、ネイビー、ホワイト、レッドとすること。

新しい素材に挑戦することで、業界に新しい光をさせるかも。

例えば近年は、ラグジュアリーブランドでもフェイクファーやフェイクレザーを多用しようという気運も起こり、フェイク素材の質が上がってきました。特にフェイクファーは、色や質感で遊べるのが魅力。なればこそ、いままでにない素材を作りたいという産地メーカーもいます。

日本のファッション業界ではまだまだ取り組みが少ない「共に生きる」を目指す活動。一歩先へ行くクリステル・ヴィ・アンサンブル財団の新しいブランド構想について、ぜひ「rooms31」で詳しく聞いてみてください。
 

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル:http://www.christelfoundation.org/
展示会「rooms31」:http://www.roomsroom.com/
日程:2015年9月9日(水)~11日(金)10時~18時
場所:国立代々木競技場第一体育館

 
Image: Some rights reserved by m01229 via Flickr, under Creative Commons Licence