orgabits

orgabits

Home > コラム > ソトコト > ソトコト 1月号 和綿栽培の地・渡良瀬で、仲間とタスキをつなぐ! 「ソトコト婚活駅伝」with「オーガビッツ駅伝」をレポート!

コラム

ソトコト 1月号 和綿栽培の地・渡良瀬で、仲間とタスキをつなぐ! 「ソトコト婚活駅伝」with「オーガビッツ駅伝」をレポート!

 

11月8日、栃木県南端に位置する渡良瀬遊水地に、色とりどりのお洒落なランニングウェアを身につけた人たちが集まった。これは、繊維商社の『豊島』が主催する「渡良瀬オーガビッツ駅伝2014」だ。豊島が取り組む、オーガニックコットンをとおして行う社会貢献プロジェクト「オーガビッツ」。ここ渡良瀬でも、和綿の有機栽培のプロジェクトが5年前から行われており、その縁から駅伝大会がスタートした。

4回目となる今年は、ソトコトのスペシャルイベント「ソトコト婚活駅伝」も同時開催。会場に集まった参加者は、婚活のスペシャリストで、エッセイストの潮凪洋介さんが配るくじによってチーム分けを行い、走る順番を決定。思い思いのペースで、渡良瀬遊水地内の谷中湖の5.4kmのコースを走り、タスキをつないだ。

左:安堵の表情が見られるゴールシーン。すべてのチームが無事に完走した。
右:イベント最後の表彰式では、潮凪洋介さん(右)によるベストカップルの発表も行われ、会場を盛り上げた。

最初は少し緊張気味の様子だったが、潮凪さんの用意したゲームやバーベキューをつつきながら、少しずつ打ち解け、第一走者、第二走者が帰ってくるとともに、和気あいあいとした雰囲気に変わっていった。そして、最終走者が戻ってくる頃になると、ゴールへ迎えに行き、皆で健闘をたたえ合うという微笑ましいシーンも。
参加した人からは「この駅伝を目指して練習してきたので、プロセスも楽しめました」「駅伝って、チームスポーツ。チーム同士で声をかけ合って仲良くなれる要素が多い気がします」や「渡良瀬って、都心からのアクセスもよくていいところですね」などと満足の声が聞かれた。