ORGABITS

ORGABITS

Home > コラム > Fragments > 【レポート】『オーガビッツラン』で初のフェイスペイントイベント! アーティスト・YUME CLOUDさんがオーガビッツに共感した理由とは?

コラム

【レポート】『オーガビッツラン』で初のフェイスペイントイベント! アーティスト・YUME CLOUDさんがオーガビッツに共感した理由とは?

台風が相次ぎ、曇り空が続いた2017年の秋。曇天を吹き飛ばすような熱気が、渡良瀬で沸き上がりました。

10月28日に開催された、ランニングイベント『第7回 オーガビッツラン』。今年は631人が参加し、ますます広がりを見せています。

そんな中、顔に色鮮やかなフェイスペイントをしている人がたくさん! 実は、オーガビッツで初めて開催したフェイスペイントイベントが大盛況だったのです!

『オーガビッツラン』は、2011年に豊島株式会社(以下、豊島)が始めた、栃木県栃木市渡良瀬遊水地で行われるファッションとスポーツを融合させたランニング大会。

実は豊島では、コース会場となる渡良瀬遊水地からほど近い場所で有機栽培を営むNPO法人渡良瀬エコビレッジと提携して、和綿の栽培を7年間行っています。

コットンや自然のパワーをめいっぱい感じられるような、大自然の中のスポーツイベントを開催することで、少しでもオーガニックコットンのことを知ってもらえたら……という思いで継続して開催し、今回7回目を迎えました。

大人気! フェイスペイントブース

さて当日、朝8:30の受付開始とほぼ同時に、朝一番から長蛇の列ができていたブースがありました。

みなさんが待っているのは、フェイスペイントブース。オーガビッツで今年初めて主催しました。

参加者の方々の頬をカラフルに彩ってくれたのは、アーティストのYUME CLOUDさん。

実は、オーガビッツがアーティストさんを探しているとき、とても素敵なメッセージとともに手を挙げてくださり、遠く長崎県から参加してくださったのです。

『オーガビッツラン』当日までも、オーガビッツといっしょにかわいらしいデザインを考えてくれたYUME CLOUDさん。

なぜ、オーガビッツに参加しようと思ったのか、お話を聞いてみました。

アーティストのYUME CLOUDさん。(プロフィール)

YUME CLOUDさんの目に映る渡良瀬とオーガビッツコットン

−−渡良瀬は初めていらっしゃったということですが、どんな印象ですか?

東京から渡良瀬に近づくにつれて、風景が変わっていくのを眺めていたら、やっぱり癒されるし落ち着きました。実は、もっと都会にある場所だと思っていたんです。

雄大な渡良瀬遊水地で元気に走るランナーのみなさん。
−−今回、オーガビッツを知ったきっかけは?

日本フェイスペイント協会で募集を見たのがきっかけです。イベントの内容や趣旨を読んで、ふだんのフェイスペイントの仕事と違うなって思いました。コンセプトがしっかりあるイベントに参加できるのはやりがいがありますし、オーガビッツのメッセージにすごく共感しました。

−−いつものフェイスペイントのお仕事はどんな感じなのですか?

ふだんは、アートスクールを運営しているのですが、フェイスペイントの場合は、ハロウィンやバースデーパーティが中心。指定のデザインのとおりに仕上げることが多いですね。今回は、何度もやり取りしながらデザインからオーガビッツのみなさんといっしょに考えていけたので、とても楽しかったです。

YUME CLOUDさんとオーガビッツがいっしょに考えたデザインは合計6種。一つ5分ほどでできあがる。
−−細かなところまでデザインに落とし込まれたとのことですが、デザインではどんなことを意識しましたか?

やっぱり、カラフルなものであることです! 色を多用した気球や谷中湖のデザインのものが人気でしたね。

−−フェイスペイントのおもしろさはなんですか?

アメリカに住んでいたので、マタニティペイントやボディペイントの存在は知っていましたが、当時は自分としてはやっていなくて、日本に帰国してから3年前に正式に資格を取りました。

フェイスペイントは、お客さまができ上がって見たときの、喜んでいらっしゃる様子を見るのが好き。大人も子どもも関係なく、「わぁ!」って顔が一気に明るくなる。その反応を間近で見ると、すごくうれしくなります。

−−オーガニックコットンは知っていましたか?

もちろん知ってたんですけど、具体的になんなのか? というのは知らなかったです。これまで、「環境に良くて、ナチュラル志向……」というイメージしかなくて、「栽培するもの」ということも知りませんでした。ふわふわの状態を見るのは、初めてかも!

−−最後にオーガビッツにメッセージを!

オーガニックコットンについて詳しく教えていただいて、やっぱりこれからなるべく意識して服を選んでいきたいなと思いました。

自分の子どもの洋服は、良い素材のものを選ぼうって意識があったんですけど、自分の服となると、気にしていなかったのが、正直なところです。でも、これからは自分が着る服についても、オーガニックコットンを使っているものを意識して選びたいと思います。

そんな貴重で楽しいイベントに参加できて、とてもうれしいです! またぜひ呼んでください!

(インタビューここまで)

この日はご友人2名と3人体制で。

YUME CLOUDさんとともに、当日まで準備を進めてきたオーガビッツの加藤さんも、「YUME CLOUD」さんとまたイベントをやりたい! と、笑顔を見せます。

「いっしょにデザインを考えていきましたが、YUME CLOUDさんが、オーガビッツやオーガニックコットンのことを深く調べてくださったうえで細かなところまでデザインに落とし込んでくださいました。自分が提案したデザインが、こんなふうになるんだ! って。」
「楽しみながら、オーガビッツのこと、オーガニックコットンのことを知っていただきたくて、フェイスペイントイベントを企画しました。ドキドキしながら当日を迎えましたが、予想以上の反響で、長蛇の列ができているのを見てとてもうれしかったですし、フェイスペイントをされたみなさんの笑顔を見ると、私まで楽しくなりました。」

『オーガビッツラン』は、都会の喧騒を忘れて、自然の中で自分を開放できる楽しさが魅力。毎年、多数の仮装をした参加者が渡良瀬を駆け抜けています。

コットンをイメージした「コットンマン」も! オリジナルの衣装だそう。

そんな中、ますますイベントを鮮やかに彩ったフェイスペイントの次回開催が楽しみ!

リサイクル貴金属素材から生まれた、エシカルなオフィシャル表彰メダルも今年から生まれ、ますますイベントとして成長しています。

メダルの専用箱は、「Laboratory」とコラボしたファーストスプーンセットと色違いのデザイン。箱の中には、種入りのコットンが敷き詰められている。

次回の『オーガビッツラン』は、2018年秋に第8回目を開催予定。あなたも自然の中で思いっきり自分を開放してみませんか?

『オーガビッツラン』についてもっと詳しく……
→http://www.orgabits-run.com/

『YUME CLOUD STUDIO』についてもっと詳しく……
→https://www.yumecloudstudio.com/
→https://www.facebook.com/yumecloudstudio/

(取材・文/Fragments | Photography by Takuma Itoi)