orgabits

orgabits

Home > コラム > Fragments > 東北の地に40本の桜を、創業40周年に植えたい! エームサービス株式会社の記念タオル

コラム

東北の地に40本の桜を、創業40周年に植えたい! エームサービス株式会社の記念タオル

オーガビッツ・プロジェクトの輪が広がっています。

2015年8月に行われた、豊島株式会社の素材展示会。そこで、ある思いがけない企業から、オーガビッツにお声がけいただきました。

それは、エームサービス株式会社。全国各地で企業の社員食堂や病院、学校やスポーツ施設などの給食サービス施設の運営管理まで手がけています。

豊島株式会社では、年2回、素材展示会を開催し、定番品から新商品まで、さまざまなテキスタイルの提案を行っています。

2015年8月、この素材展示会を訪ねてくださったのは、エームサービス株式会社(以下、『エームサービス』)。

実は、エームサービスはアパレル企業ではありません。全国各地の名だたる企業や病院で給食サービスを手掛ける会社です。

探されていたのは、同社の創業40周年を祝う「記念タオル」。OB・OGを含めた社員のみなさんのみならず、取引先企業の方にまで、合計約27,000名の方々に配るというものでした。

なんと、そんな思い入れのあるアイテムづくりのパートナーに、オーガビッツを選んでくださったのです!

「どうせなら、意味のあるものを作りたい」

オーガビッツを通じてものづくりをすると、NPOへの支援になる「オーガビッツ・プロジェクト」。

現在オーガビッツでは、12団体(2016年現在)への支援を行っています。

今回、エームサービスが寄付先に選ばれたのが、「NPO法人 さくら並木ネットワーク(以下、さくら並木ネットワーク)」。さくら並木ネットワークでは、東日本大震災の犠牲者の魂を慰めるとともに、「世代を超え、津波を代々語り継ぎ、いのちを守りたい」「逃げるべき場所をわかりやすい形で伝承したい」と、東北の地に桜を植え続る「さくら並木プロジェクト」を行っています。その本数、今年でなんと約4,000本。

orgabits_sakura_9557
(Photography: Takuma Itoi)

オーガビッツ・プロジェクトでは、さくら並木ネットワークを2012年から支援しており、賛同くださった企業のみなさんといっしょに商品を発売し、商品1枚につき10円を、さくら並木ネットワークに寄付してきました。

さらに被災地と支援者のつながりを深める植樹会を、2015年から開催しています。

これまでファッションブランドのみなさんとともに続けてきた支援ですが、今回まったく新しい業種の企業さんが賛同してくださったのは、とてもうれしいこと!

しかも、「40周年にちなんで、40本を植えたい」とも。

そうして、記念タオルと共に東北の地に40本もの桜の木が届けられる取り組みになったのです。

imabari-towel
バスタオル1点、フェイスタオル2点、ハンドタオル2点の合計5点入り。

エームサービスの宮田さんは、今回の記念タオルに込めた思いを、次のように話します。

「2011年3月11日に起こった東日本大震災。そのとき弊社の社員が被災し、亡くなったんです。そういった経緯から、弊社としては、常々なにかできないかと思っていましたし、復興への願いが強くあります。

それに、『さくら並木プロジェクト』は、『ただ植えて終わり』でないのが良いと思ったんです。植樹した桜を眺めながら、花見に来てほしいという『さくら並木プロジェクト』さんのメッセージに心打たれました。弊社がやるなら、一回限りで終わる支援でなく、継続的に支援できる方法を探っていたところだったので、ぴったりだと思いました。」

打合せ風景

40周年の記念に桜を40本植え、いずれ社員でお花見ができれば ――そんな思いから、オーガニックコットンを10%使用した今治タオルの5点セットが誕生しました。

こだわりのメーカー・丸山タオル

この、約27,000組ものタオルセットの生産を請け負ったのが、株式会社丸山タオル。産地全体で分業制を取る今治産地で、唯一〈一貫生産〉を誇るメーカーさんです。

imabari-6

1966年に創業以来、一貫生産できる強みを生かして研究に研究を重ねており、丸山要(まるやま・かなめ)代表取締役の号令の下、ときには一つの製品開発のために何百回とテストを繰り返すこともあるそう。

そうしてこだわりの技術を磨き、ふわふわで吸水性も抜群のタオルを世に送り出しています。

imabari-5
imabari-1

imabari-3

今回作っていただいた記念タオルも、海外のホテルに置かれているような、しっかりとした厚みがある吸水性抜群のタオルに織りあげていただきました。

imabari-8

今回、エームサービスさんとのやり取りを担当した豊島株式会社の薄雲 翔(うすぐも・しょう)さんは、「気持ちに応えたかった」と話します。

「エームサービスさんのお話を聞いていると、従業員のみなさんに対する気持ちがすごく温かいと思ったんです。亡くなられた従業員の方への気持ちも、ずっと大切に持っていらした。だから、『気持ちに応えたい!』と思いながら進めてきました。全国津々浦々にいらっしゃるみなさんにお届けするのは大変でしたけど、無事届けられて、僕自身すごく嬉しいです。」

オーガビッツでは、アパレル製品はもちろん、商社としての幅広いネットワークを生かして、タオルやハンカチ、ユニフォームなどの各種ノベルティも手がけていきます。「メッセージのある記念品」をお探しの方は、ぜひお声がけください!

(取材・文・写真/Fragments